03-5931-8700
【両側同時手術のメリットとは?!】

スタッフブログ

【両側同時手術のメリットとは?!】

皆様、こんにちは。

リハビリテーション部主任の栗本です。

当院では両側同時手術を行っておりますが、これはどこの病院でも行っている訳ではありません。股関節の手術に慣れている医師が短時間で正確・安全に行うことで、両側同時手術においても術後の痛みが少なく早期退院が可能となります。

両側同時に行う人工股関節置換術には、どんなメリットがあるのでしょうか?

一般的に関節の変形が進行すると、関節の隙間がなくなり足が短くなります。

左右の変形の進行度合いに差があると脚長差がうまれます。脚長差は跛行や、腰や膝など近隣の関節にも不具合を生じさせます。

手術後、姿勢よくきれいに歩くためには、脚長差を解消してバランスを整えることが大切です。

両側同時手術では、入院期間の短縮、痛みからの解放だけでなく、きれいな歩き方や近隣の関節への負担軽減が一度の手術で獲得できます。

手術直後は傷口の痛みが両側にありますが、痛み止めでおさえることができます。股関節の痛みは手術直後から取れてしまいます。実際には、ほとんどの方が手術後の傷口の痛みは気にならず、快適と言われます。

手術前に痛みをかばって硬くなった筋肉がつれたり馴染むまで両側に違和感があります。しかし、手術前の状態や個人差があります。

当院での両側人工股関関節置換術の件数は増加傾向です。

選択肢として迷っている方、すでに当院で手術をされた方も、今後手術を受けられる方が快適に安心して過ごしていただけるよう、お話ができたら幸いです。

クリニックでお待ちしております。