03-5931-8700
股関節(太ももの付け根)のお話⑨

院長ブログ

股関節(太ももの付け根)のお話⑨

今回は、【変形性股関節症】の症状についてお話しします。
大きく3つに分けられます。
①疼痛(股関節周囲の痛み):初期の場合、長時間歩行時・歩行後にだるさや運動開始時の痛みとして現れ、病期(病気の進行度)が進行するにつれて痛みは持続的となり、安静時痛や夜間(就寝時)痛が出現してきます。
②運動制限(=可動域制限):初期には運動制限は、著明ではありません。
関節の変形が進行するにつれて、股関節の動きの制限が著明になってきます。(靴下はき・爪切りが困難になってきます)
③異常歩行=跛行(はこう):疼痛性跛行は、股関節の痛みにより回避(かばって)歩行をすることです。また脚短縮(硬性墜下性歩行)=足が短くなることによる、異常歩行です。

Q:立ち上がり、歩き始めに足の付け根が痛くなったりしませんか?
Q:靴下はき、爪切りは困難ですか?
Q:足の付け根が伸びにくくなったり、左右の足の長さが違ったりしませんか?

上記のいずれかあてはまる方は、要注意です。